日本初 VAPE EXPO JAPAN 2018 に行ってきました

日本初 VAPE EXPO JAPAN 2018 in インテックス大阪 レポート


最近このブログは放置していたのですが、こういう催しにふれると久しぶりにワクワクしちゃいました。

モクックマくんの背中。。。なんで東京・国際展示場ではないのだろう。やっぱりこの世界も中国、深センのメーカー達がメインだから関空がコスト的に、地の利的に、やりやすかったのだろうか。なんて。(東京が抑えられないだけかも)

なに書こう。細かい各ブースの話、ニッチな話は他サイトさんでむせ返るほどされると思うし、気になった ガジェット の話とか イベント の レポート は個別にしようと思うので、ここではちょっと違う角度から捉えてみようかと。気になった製品等の紹介はしますよ(汗)

そもそも VAPE EXPO ってなんぞや

VAPE EXPO ってその名の通り VAPE 業界の展覧会みたいなものなので、世界のあちこちで開催されてるのですが、すごく噛み砕いて本質だけ言うと、

・各メーカーの新商品商談会
・VAPERさん達のコミュニケーションの場
・おまつりごとをメディア等で取り上げてもらい知らない人たちへアピールする場

だと思います。なので継続性がありそれが次第に規模拡大していく(はず)の催しでそれがついに日本にも来たと。(何故か大阪に)

日本初 VAPE EXPO JAPAN 2018

正直、日本における VAPE は iQOS の急激なデファクトスタンダード化によって思っている程、拡大しきれていないアングラ趣味世界だと思うのですが、それでもインテックスで3日間やるんですから立派なもんです。 何がすごいって一般人も参加可能で無料、やたらと ノベルティ が貰えるってところ。

駐車場代、2日で600円に対して個人的な消費量で一生分にあたるリキッドと野球帽(!)を貰った…。

平日2日間を通しショップや業者、 YouTuber や自分みたいな一般人など、客層を眺めたが予想通りの賑わい方。ビジネスの催しとしてはやはり小規模。善く言えばコレカラ。悪く言えばマダマダ。きっと明日土曜はビジネス・コンシューマともに最も多いことだろう。

お客さんの層を眺めたり、派遣通訳さんと世間話しながら改めて思ったのですが、やっぱ広まり方に偏りがあるなーと思いました。

個人的に VAPE 界隈に足りないのはかわいい“女の子”だと思っていて、いや女性全般と言うべきなんですけど、どうしてもチョイ悪感で普及してきた伝統的な流れがそっち方面の潜在需要と結びつかないんですよね。( ニコチン が普及できない薬事法の壁も大きいですが)
煙を吐く行為自体が嫌悪感ある時代の中でアンチテーゼのごとく爆煙ブーム独自路線なのはいいんですが、もうちょっと禁煙具、喫煙代替具としての需要を iQOS のような、アップル製品感ありありの宣伝したほうがいいんじゃないかなーとずっと思っているのですが。

舞台ブースでは新商品発表会やトークショーなどのほか、ちょっとした出し物やギフトイベントなどが行われていた。

このブログは 紙巻きタバコ より遥かに安いランニングコストで VAPE 喫煙し、余ったお金で洋服、旅行、iPhone、お酒、サブウェイのBLTサンド、漫画でも買おうよってコンセプトなだけに尚更、爆煙系の付加価値で盛り上がる路線に少し距離感じました。(嫌いじゃないけどね) タバコ って大人でリテラシーさえあれば老若男女が吸える手軽なやつだと思うので。

ということで最近 VAPE 以外に浮気がちなこともあって気になった製品のほとんどが VAPE じゃないっていう。

いくつか気になったブース(製品)

VAPONAVI

(ブースネーム上は 株式会社晴和 さん)

国内の ヴェポライザー 専門ショッピングサイト さんです。

ヴェポライザー専門のショッピングサイト【VAPONAVI/ヴェポナビ】全品、安心の初期不良保証、メーカー保証付きタバコ増税でも安心の加熱式タバコ専門店

ヴェポライザー 、聞いたことはあるんですが細かいことまで知らなくて仕組みを教えてもらい俄然興味がわきました。特に将来的に出るらしい水上置換する仕組みのものが。

Weecke社の担当者さんに細かく説明していただいた。基本はシャグを充填して使用するが、普通の紙巻きや果てはお茶の葉やスペーサをいれてリキッドを加熱することもできるそうだ。原理的には味そのものも紙巻きに一番近くシャグなら手間と引き換えにコストも抑えられる。

いずれ詳しくレビューしたいなー。

そしてここで( EXPO 全体で )個人的に一番心奪われたのがコレ。

AMANOO E Hookah Head

シーシャ のボトル、ステム、受け皿の上にあるはずのクレイプトップが VAPE の アトマイザー 。

ど、どういうことなの。

私 、 シーシャ が好きでアレ欲しいなー家で吸いたいなーって思うのですが、色々面倒なんですよね。練炭使いますし。だから 爆煙VAPE を工作してコップとストローでやったりしたことあります。大変だったけど。。。

それがこれなら・・・家でも??? 正しく??? 手軽に???

ニコチンリキッド 挿れて吸ったらどうなるんだろう・・・、ボトルの水を冷やしたら…温めたら…お酒にしたら…

考えただけでワクワクです。

ちなみに過去に販売されていたけど VAPE ブーム前ということで波に乗れず廃盤、しかし特定層の強い需要により復刻するのだとか(汗)
そりゃいますよねー。まだ取扱は始まっていないそうですが、すごく楽しみ。

シーシャバー や VAPEバー に置いて相互の認知度拡大に貢献できたりするんじゃないでしょうか??

その他 Aspire の製品やノベルティ等をたくさん置いてらっしゃりました。各ブースのノベルティ、やたらとキャップ(帽子)が多いのですが アスパイア が一番 ジャイア○ツぽくてよかったです。

続いて…

MOX

以前記事で紹介した iQOS 互換機 Mox Edge のブランド。深センのメーカーです。

何を隠そうこの

VAPE EXPO JAPAN のメインスポンサーです。

ブースもど真ん中。AKIちゃんかわいい

現在の iQOS 関連品ブームの波に乗りまくっているメーカーさんなんですね。シラナカッタ

ここは紹介した Edge の他に、新商品を2点展示されていました。説明会とブースで聞いたところ、どちらも iQOS 互換機 ですが Edge と異なるコンセプトを持っているようです。

現在国内では品切れだらけの Edge 。なんと次回入荷分からバッテリー容量が大きくなり、2-3本吸える ヒートスティック が増えるそうだ。 MoX の展開は要注目。

こちらは VAPE MOD 界流行りの着せ替えに対応しているそうだ。着せ替えパーツは日本のOEMメーカー等を利用し順次豊富に取り揃えていくという。見た目の通りバッテリーも容量は大きめ。またミスタッチ防止機能や流行の温度調節が3段階で可能という。

Edge より小型となる新商品。1万人を超えるアジア人サンプルから理想のサイズ、形状を決めたという。一度に吸える量は Edge に及ばないが温度管理機能のほか底面タッチ式の専用充電器(チャージャー)を用意し iQOS の ホルダー と チャージャー に似た構造となるそうだ。非常に軽量なのが印象的だった。

こちらもいずれ詳しくレビューします。

次は

P MINI BOX の “CIGGO”

こちらは既に国内で取り扱われている商品ですね。

プルームテック の 互換機 です。見た目は 18650 のバッテリーキャップが見えてさならが VAPE の MOD ですねー。なんと一回の充電で1000回パフれるらしいw

省エネのプルームテックならではですね。非常にシンプルで軽く、なおかつ バッテリー とオマケの アトマイザー 2本までついてくる。恐らく故障リスクも少なく、 バッテリー 交換も容易なんで VAPER さんに紹介してみたいガジェットです。

一瞬、 VAPE だと見間違うが正真正銘の プルームテック 互換機 だ。付属カートリッジのほか プルームテック 純正の アトマイザー カートリッジ も利用可能。 VAPE ユーザーならグリセリンをセルフ充填することで発煙量や特性を好みにカスタマイズすることもできそうだ。

こちらもいずれ詳しくレビューします。

最後は、

Frienbr

フレンバー 。コチラは日本の VAPE ブランド、ショップさんです。

Frienbr(フレンバー)は様々な種類のリキッドを蒸発させ、フレイバーとテイストを楽しむ、新しいトレンドアイテムです。THE Frienbr SHOPではフレンバーの様々の製品を取扱販売しております。

ペンタイプ から カートリッジ式 のものまで。

広告なんかでよく見かけて気になっていたんですが、

オシャレ。

ですよね。 VAPE 本体以外に リキッドも販売 されています。

奥のやつとか化粧品の箱みたいでかわいい。

リキッド はスタンダードな フレーバー 以外に日本の四季折々をイメージした花系の フレーバー も取り扱っている。 VAPE 本体以外にも リキッド の外箱、広告など、デザインが全体的に女子力高めで清潔感に溢れていた。

ポップも好みの女の子で自分の思う展開をしていて好感持てるのです

が。

ブース員さんとお話するとやっぱり前述の普及している方向性とのギャップにも悩んでいるそう。 ビタシグ とか若干、インフルエンサーマーケティングな類似品に潜在需要侵略されてる感が無きにしもあらず。なにはともあれ国内ブランドで、女の子向け重視な展開な上、すごくありがたいことに リキッド サンプル を頂いたので

こちらも改めて レビュー します!

追記:レビューしました!!!

日本初 VAPE EXPO JAPAN 結局のところ

こんな感じで個人的に琴線に触れたのは VAPE 以外が多くなってしまった VAPE EXPO JAPAN 。

すごく楽しかったし、 ノベルティ は豊富に貰えるし、リキッド試飲しまくれるし、凝った MOD や アトマイザー も・・・。実際、フランスの ELIQUID さんのリキッド買ってしまいましたし。 VAPE 楽しいです。。。。けど、 MOX がメインスポンサーという点からもビジネス上で熱いのはやっぱり iQOS 互換機 だよね、というのが見えてしまう現実もありました。予想以上に iQOS 互換機を 取り扱うブースが多かったです。

大手からOEMメーカーまで多様ですが、
確実に言えるのは

彼らはあくまでビジネスをしにきている。

だからビジネスしに来る人に訴求できるものを持ってくる。

ということ。

ある部分での世界の中心。深センが今みているのは、

やっぱり世界目線でも日本目線でも iQOS なんですね。

例えば HiLIQ もそれなりに大手ですがブースは端っこですし、特に目新しいものもなく、ただお得な リキッド キャンペーンをやっているだけで。きっと新規の商談もあったでしょうが、わざわざ大々的に勝負しにこなくても既に安定しているので本気では来ないって感じでしょうか。アトマイザーやMOD等のブランドも一部大手は敬遠気味のよう。

このところ ハイリク のリキッドレビューが多すぎて HiLIQ ブログすぎるので別サイトに ガジェット 記事とか書いていたのですが、各ブースで色んなサンプルを頂いたりしてこっちも真面目にやらないとなという気になりました。VAPE を一般層に広めたい気持ちは変わらないので。レビュー 記事は結構SEO沈みやすいのでニッチに自分の好きな領域メインになりがちですけど。

PVがほっそい割に長文になりがちなせいで色んなリンクや商品へのコンバージョン率は無駄に高い細々ブログです。色々これからもレビューしていこうと思います。
あ、他のブースの展示品たくさん写真撮ったのにどうしよう…追々何かに絡めよう…

お読みいただきありがとうございました。
ではまた!

日本初 VAPE EXPO JAPAN 2018 に行ってきました おわり