定番中華リキッド HILIQ レビューその5 – Vanilla Custard

HILIQ バニラカスタード レビュー

どうも。T&Mのバナナフレーバーを割らずに直吸いしたらVAPEやめたくなるようなまずさを体感して白目になっている管理人です。

さて、HILIQリキッドのレビュー五本目はバニラカスタードです。前回のジャバチップと同じくどっちかっていうとスイーツ系リキッドでしょう。いや完全に。

Vanilla-Custard – HILIQ

宣材写真を見ているとなんか美味しそう。

10mlボトル、ニコチンはなし。価格はUS$2.99。安い!

PG/VG50:50。今回も(というか)色々あって総額4,500円くらいで手に入れたPico+Cleitoで試します。コイルは0.4Ω。スイーツ系なので最初から高めのワット。

ホットな吸い方をしてみます。

吸ってみます。

スーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(あま)

ハーーーーーーーーーー

(あまぁ)

・・・

・・・・

・・・・・

あんまあ

HILIQのバニラカスタードはバニラ感ないと評判ですけど、

バニラ感ないですね

かといってカスタード・・・うーんカスタードかこれ?

カスタードってなんだっけ・・・。

プリンやエクレアの中身がこんな味かと言われると違う気がします。そういやその手の生菓子って冷たいよな・・・と思い低ワットで吸い直し。

あんまあ

いや変わんないですねこれ。甘いから美味しい、という意味なら美味しいんですけどバニラカスタードか?っていう前提だと混乱するというか。

なんというかパウンドケーキ? パンケーキ?

あるいは生クッキーを食べている感じ。

焼き菓子を作る前の生地の味が見え隠れ。

どこかお菓子作りの途中、ボウルに指を突っ込んで盗み食いするアレのような未完成な印象をいだきます。たまご感と小麦粉っぽさがなくなりきってない気がするというか。

生焼け。。。みたいな

そして、味の最後に超微量ながらソルトというか塩みに似た断ち切り。(多分、実際にはそんな味しないんですが脳がそうあってほしいみたいな補正を掛ける…)

これが火の入ったお菓子の気分にさせるのかな? 逆に言えばこの後味でフレッシュさが消えるので生焼けなのに焼き菓子、みたいな混乱を招いたようです。

理解すればなるほど甘くてそれなりに吸えます。スーハー。

5段階評価
味の濃さ 4
甘酸味 4
香り 4
複雑さ 3
コスパ 3

バニラカスタードと思って吸うと(゚Д゚)ハァ?

コレは(なにかしらの)アレだと思って吸うと( ´Д`)=3ハァ~~~

両成敗なので50点! いやでもまぁ味としては70点くらいはあるかな。

甘味代わりに色々なものに滴下したんですが結構主張が強くそういう意味では癖がありますね。ただ全体的にトロっとした柔らかい甘みなので、単体以外でも何かに合いそうではありました。

Vanilla-Custard – HILIQ

今までのHiLIQレビュー記事一覧はコチラから

次回予定 ↓このどっちか

ダンヒルは既にレビュー済みです

次はタバコ系フレーバーとなります。

読んでいただきありがとうございました。ではまた!

定番中華リキッド HILIQ レビューその5 – Vanilla Custard おわり